野菜を激安価格で買う方法

野菜の値段って、天候におおいに影響されますよね。

長雨が続いたり、日照時間が少なかったりすると、すぐに値段がびっくりするぐらい上がります。

いくら節約中だからと言って、高い野菜は買えませんと、全く買わないわけにはいきませんよね。

健康のためには、やっぱり新鮮な野菜を食べたいです。

野菜を食べたい、でも高い!

このジレンマを解決する方法ってあるんでしょうか・・・?

はい、あります。笑

今回は、野菜のお値段が高い時の、野菜の買い方の秘訣をご紹介します。

 

野菜の値段が高い時の野菜の買い方

野菜の値段が高くて、キャベツ1玉が300円以上するときなんて、スーパーのカゴに入れるのを躊躇してしまいます。

でも、その日にどうしてもその野菜でないといけない!というとき以外は、違う野菜で間に合わせましょう。

献立がロールキャベツなのに、キャベツが高すぎる!

私は白菜とか、レタスで代用してしまいます。笑

若干、味付けを変えたりの工夫はしてますよ。

まぁ、あまり、その野菜にこだわらず、柔軟に対応しましょう。

お目当ての野菜が高い時の対応策をいくつかご紹介しますね。

 

チラシの目玉商品を見逃さない!

チラシを作製したときと、実際にチラシが配布されるときにはタイムラグがあります。

いったん、ちらしに○○円と載せたのに、高騰したからといって、値段を変えるわけにはいかないはずです。

それに、チラシには、客の目をひく目玉商品が必ず載っています。

チラシ掲載商品や目玉商品を見逃さないようにしましょう。

特に野菜の値段が高い時は、皆さん狙っていますので、本当にあっという間に売り切れてしまいます。

開店と同時ぐらいに、お店に行かないと買えない時もあるので早めに行ってゲットしてしまいましょう。

新聞は購読しなくてもチラシのチェックはできます。

 

チラシ・広告・キャンペーン・クーポン情報満載|シュフー Shufoo!

 

日本全国10万店舗以上のチラシが掲載されていて、地域ごとに検索できるし、前日にチラシが先読みできたり、チラシを見てポイントを貯めたりできます。

 

シュフーはお得なチラシ広告アプリ。掲載店舗数No.1のお買い物チラシアプリ

シュフーはお得なチラシ広告アプリ。掲載店舗数No.1のお買い物チラシアプリ
無料
posted withアプリーチ

アプリで登録すると楽ですね!

見切り品をチェック!

スーパーには、「見切り品」「おつとめ品」などという名前で、少々しなびた野菜、賞味期限近くのものなどがお安く見切り品コーナーに並んでいます。

お野菜高騰の折には、ぜひ、コーナーをチェックしておきましょう。

見切り品の野菜も、その日のうちに使うのなら、全然問題ないものも多いです。

メニューを柔軟に変えるなどすると大いに使えますよ。

 

タイムセールや数量限定商品を狙おう!

スーパーでは、ある決まった時間帯にタイムセールや数量限定販売を行っているところもあります。

ずっと買い物に行っているスーパーなら、ある程度、スケジュールがわかるはずですし、チラシなどにも記載されています。

そんなチャンスを見逃す手はないですね。

チラシも、そういう点に着目してチェックするのもいいと思います。

 

野菜価格高騰時の強い味方、もやしや豆苗を利用しよう!

モヤシや豆苗は、一定に保たれた環境で育てられているので、あまり天候に左右されません。

1年を通して、価格が変わることはほとんどありません。

まさに、野菜価格高騰時の強い味方です。

特に豆苗は栄養価も高いうえに、100円程度で買えますから、大いに利用できます。

もやしは炒め物の際には量ましに使いますし、豆苗は色どりもいいので重宝します。

そして豆苗は、一度切った後からも芽が出て育てることができますよ。

こんな風に一度使った豆苗から、また生えてくるんですよ。

ちなみにカイワレも同じように生えてきます。

実際、2回分はイケると思います。笑

 

カット野菜、冷凍野菜、乾物、缶詰を利用しよう!

カット野菜って、普段買うには確かに割高ですが、天候に値段は左右されないんですよね。

野菜高騰時には、カット野菜を利用するのもいいです。

それ以外にも、少人数の家族で野菜丸ごとだと腐らせてしまう場合には、却って安く済ませることもできますので、臨機応変に対応できますよ。

そして最近は冷凍野菜の種類も増え、煮物、炒め物、サラダといろいろに使えて重宝します。

冷凍室に常備しておくとなにかと便利です。

冷凍技術の進歩で、栄養価もあまり損なわれていないので、使い道はいろいろです。

昔はミックスベジタブルみたいのしかありませんでしたが、最近ではホウレン草やブロッコリーなど、かなり種類が増えました。

少しだけ使いたいときなどは、買いすぎずにとても便利です。

また、切り干し大根などの乾物は、1年を通して値段が変わりません。

切り干し大根って煮物がメインな感じがしますが、炒め物にしても合いますし、作り置きおかずとして重宝しますね。

他に、野菜の缶詰も種類豊富です。

ホールトマト缶、コーン、アスパラなどは、普段でも大いに利用できます。

野菜が高い時には、このような加工野菜を使うと節約できます。

 

安い時期に、保存しよう!

昔の人は、野菜の保存方法をいろいろ工夫していました。切り干し大根のように「干す」ことも一つの保存方法です。

ひと手間かかりますが、工夫次第で美味しくいただけます。

ミニトマトが安い時に、軽く天日に干してオリーブオイルに付け込んでおくと、パスタに美味しく使えます。

ブロッコリーやカリフラワー、ほうれん草なども冷凍できます。

カットして、冷凍用の保存袋に入れて冷凍しておけば、1か月程度は保存が可能です。

食材ごとの保存方法は、ネットで簡単に調べられますが、保存したことを忘れないようにして下さいね。笑

 

産直市場、野菜の無人販売所、ローソンストア100などを利用しよう!

最近は、あちこちの「道の駅」などでも地場の野菜がお安く手に入ります。

週末に家族で出かけた際には是非寄ってみてはいかがですか?

「道の駅」の野菜コーナーや産直市場は、野菜価格高騰時だけでなく、普段から利用することをおすすめします。

新鮮なうえにリーズナブルです。

地域にもよりますが、私の住む地域などでは、道路沿いに地元の農家が出している無人販売所があります。

そこでも安く買うことができます。

ローソンストア100は、野菜の種類はそれほど多くないですが、一般的な野菜はあります。

そこを覗いてみるのもいいですよ。

 

地元の八百屋さんを大いに利用しよう!

買い物はもっぱらスーパーが多いのですが、商店街から1本道を入ったところや、駅裏などに昔からやっている八百屋さんが店を開いています場所もありますよね。

地元の人は、こういう八百屋さんを大いに利用しています。

親しくなれば、八百屋のおじさんが、野菜を使ったレシピを教えてくれたり、曲がったキュウリをおまけしてくれたりします。

また、最近では八百屋さんが軽トラックなどで移動販売していることもあります。

定期的に通い、顔なじみになることでサービスしてくれることも良くありますよ。

この辺は、ご近所さんなどからの情報も大いに役立てて下さいね。

 

ドラッグストアの商品は狙い目!

最近、ドラッグストアでも食品に力を入れているところが増えてきています。

利益率の高い化粧品や薬品を買ってもらうために、日常的な食品なども販売して、お客を呼び込んでいます。

ドラッグストアで全て済んでしまうことを目的にしているんでしょうね。

お菓子や飲料を格安価格で売っているほか、ドラッグストアにもよりますが、生鮮食料品を扱っているところもありますから、利用するのも手ですね。

ドラッグストアの目的は医薬品を販売するのが目的で、お客さんを呼ぶために生鮮食料品を扱っていることがほとんどですので、結構お買い得なものがあります。

ドラッグストアに足を運んだ時に、普段から、どんな品ぞろえで、どんな値段設定かをチェックしておくといいですよ。

 

野菜を激安価格で買う方法まとめ

野菜の価格が高騰している時の家計防衛策、野菜を安く購入する方法についてまとめました。

要は、野菜を買うチャンネルをいくつも持っていることが安く購入できるポイントです。

食品をなんでもスーパーで買うのではなく、特に野菜の場合は、スーパーより新鮮でリーズナブルに売っているお店がいっぱいあります。

普段からそういうチャンネルを増やす努力をしておくと、野菜の値段が上がったからといって慌てることはありませんよ。

是非、ご参考まで。

 

コメント