節約を継続するための秘訣

目標額を決めて、ゴールも設定したのに、いつの間にか、節約へのモチベーションが落ちていることってありますよね?

いわゆる「節約疲れ」というものです。

よくダイエットに励んでいる時、せっかく体重も落ちてきてたのに、ダイエットの反動で、無性に甘いものが食べたくなって、むさぼるように食べて、後で自己嫌悪ということをよくやります。笑

それと同じです。

節約もダイエットも我慢をするってことなんです。

節約を続けていると、「もう、節約なんか嫌!」って叫びたくなることがあります。

そんな時、気持ちを落ち着かせるために実行していることがあります。

「もう、節約なんかしない!」と思ったときに、読んで参考にしてくださいね。

 

なぜ、節約を続けるの?

「もう、嫌」と叫びたくなった時、節約を続ける理由を思い出してください。

家族で毎年、ディズニーランドへ行くため、友達とシーズンごとにリッチなランチに行くため・・・。

いろんなお楽しみや目的があるはずです。

それを目指して頑張りましょう!

 

モチベーションがどうしても上がらない理由は?

節約への意欲がわかない時や節約のモチベーションが上がらない時の理由のほとんどが、忙しさに追われ、肉体的だけでなく、精神的にも疲れがたまってきている時です。

気持ちも体も余裕が無いんですね。

育休復帰後は、仕事と子育てに追われ、節約がいい加減になってしまいがちです。

つい、食事を作るのが面倒で、仕事の帰りにスーパーなどで惣菜を買って、自己嫌悪になったり・・・。

実際は、節約の理由がはっきりしているから、節約すること自体は苦になっていないはずなのに、時間に追われて思うように進んでいないことにイラついているだけだということがわかっています。

買い物でストレス発散!?

そんな時、私は、次のようなことをして、気持ちを奮い立たせています。

きっと同じような思いをすることもあると思うので、参考にしてもらえたら、うれしいです。

 

節約のモチベーションを維持するために!

目標をみえるところに貼っておく!

レコーディングダイエットって知っていますか?

記録をつけるダイエットの事なんですが、これって以外に効果あるし、モチベーション維持できます。

ダイエットの場合は、先週より〇〇g痩せた、先月より〇kg痩せた!とか。

ちょっと増えると、「もう少し頑張ろう!」となります。

これを節約で考えた場合は、貯金が先月より〇〇円増えたとか、今月はまだこれしか使ってない!とか。

ダイエットは減るのがうれしいんですが、貯金は増えるのがうれしいんですよね。

当たり前か!笑

 

我が家の現状をしっかり見よう!

私は、こう見えて(!?)、心配性です。笑

「お金が足らなかったらどうしよう?」「今後もしものことがあったらどうなるだろう?」と不安が押し寄せてきます。

そんな時、「だから、節約して、不安の芽を摘んでいるんじゃないか!」と考え直します。

こういう時、私のネガティブ思考もまんざらじゃないなと苦笑いです。

あなたはどうですか?

 

プチぜいたくで自分にごほうび!

節約のために、食費の削減に励んでいると、おいしそうなコンビニスイーツを横目で見ながら我慢することってありますよね?

まぁ、これはダイエットでも一緒です。笑

節約のモチベーションが上がらないときは、プチぜいたくなスイーツを買って、自分にご褒美を上げることにしています。

すごく高いものをご褒美にすると、きっと後で後悔するのがわかっているので、ほんのちょっとした贅沢です。

これぐらいで喜ぶなら、そんな自分でも可愛いく思えますと。笑

 

睡眠時間は十分足っていますか?

睡眠時間が不足すると、ろくなことがありません。

これ、本当に私の経験です。

顔に吹き出物は出る、ふらふらする、おまけにネガティブシンキング!

悪循環に陥りそうとわかったら、お茶碗も洗わず寝ちゃいます!

しっかり眠れば、また頑張れます!

 

ブログやSNSで発信しよう!

ブログやSNSで、貯金目標額を発表してみましょう!

人に公表した以上、途中で投げ出すわけにはいきません。

これ、意外に効果的ですよ。

誰かに見られている。

誰かに応援されているってやっぱり背中を押されます。

禁煙やダイエットを、ブログやSNSで宣言すると、達成率がアップするそうです。

あなたの頑張りを、「いいね」「アクセス数」が後押ししてくれますよ。

コメントを通した仲間との交流ができれば励みになりますよ。

 

節約を継続するための秘訣まとめ

誰でも、何でも、モチベーションを持続するのは結構大変です。

だからといって、そこであきらめてしまっては先には進めませんし、元に戻ってしまいます。

元に戻るだけならいいですが、反動で散財してしまうかも!

そんなことにならない為にも、気持ちにも体にも「ゆとり」は必要です。

そしてストレスを発散できる環境があれば、さらにいいです。

旦那さんとも協力し合い、お互いに楽しく節約生活できることが一番です。

そのためにも、今後、継続するために私なりの工夫をご紹介しました。

ぜひ、参考にして下さいね。

絶対、ストレス溜めたらダメですよ~。笑

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事