手取りマイナス10万と考える節約術

最近、老後の資金として、年金の他に2,000万円の貯金が必要などの報道があり、世間でも騒がれていましたね。

その額を聞いて、「はっ?マジ!」と、自分達の貯金通帳や貯蓄型の保険の契約など、改めて見直した方もいるかもしれませんね。

この年金問題に関しての真偽はわかりませんが、2,000万円とかではなくても、貯金は大切だとわかっていますが、なかなか貯金ってできないのが本音のところですよね。

でも、ちょっと生活を見直すだけ、考え方を変えるだけで、貯金はできますよ!

私は、二人の子供持つ普通の主婦ですが、年収400万円台でも、5年で500万円の貯金ができました。

そして継続して、年間100万円の貯金を続けています。

その私が実行している「手取り額をマイナス10万円と考える節約術」をご紹介しますね。

 

「手取り額をマイナス10万円と考える節約術」とは?

表題にある通りのやり方です。笑

我が家の月々の手取り収入は、30万円弱です。

最初から、10万円を引いた20万円を手取り額と考えて、やりくりをしています。

つまり、残った分を貯金するのではなく、最初から貯金する分を差し引きます。

我が家の手取り額は、数年前までは25万円より、ちょっと多い感じでしたが、昇給と子供が増えたことによって30万円弱までアップしました。

本来であれば、「生活に余裕ができる!」とか考えてしまい、多少の贅沢をしてしまうのかもしれませんが、「2番目の子供が小さい時こそ貯金!」と生活を引き締め頑張りました。

つまり、増えた収入分をそっくりそのまま、貯金に回すという、手取り額マイナス10万円の生活を始めました。

 

家計の支出額を把握していますか?把握することから始めよう!

家計の全支出額を知らないのに、「手取り額マイナス10万円で暮らすぞ!」と思っても、現実的ではありません。

私は、先にも書きましたが、節約を始めた時から続けている家計管理で、だいたいの家計の支出額は把握していました。

それゆえ、さらに?引き締めることが可能と「手取り額マイナス10万円」の暮らしを始めました。

今までは、保険料の年払いや税金などは、ボーナスから支払いしていました。

さらに、たまの帰省する時の費用や催事や突発的な行事なども、ボーナスを切り崩す形で支払っていました。

このように収入がアップしても、生活費を再度見直して、これらも月々の予算に繰り入れることができるようになりました。

そうすると、ボーナスがそのまま貯金に回せるようになったんです。

最初は慣れるまでは大変でしたが、ペースをつかめると意外にできるものですよ。

それでも、「テレビが壊れた!」とか、予算オーバーになるケースもありますが、それも特別会計?で、どうにかなります。笑

こうして、わが家は、生活費のほとんどを手取り額マイナス10万円の範囲で納めることができるようになったんです。

特別費として、税金、保険料、帰省費用、突発的な費用などを月々プールしておくことで、支払時期が来ても、安心して支払えるので、気持ち的にゆとりが持てましたね。

 

手取り額マイナス10万円(=20万円)の予算管理の方法

日々の生活費である20万円をどう管理するか?

私は、家計簿アプリを利用しています。

月初に予算20万円と設定し、さらに、固定費(前月の光熱費、通信費、ガソリン代など)を入力します。

こうすれば、その月の変動する費用がわかり、その範囲内でやりくりしなければならない金額がはっきりします。

そのあと、使う費用の予算を立てたりはしないで、使うたびに金額を入力し、残り金額を確認します。

すでに予定が立っているママ友とのランチ代とかの場合は、おおよその金額は入れておきます。

このようにしておくと、あとこれだけ使える(あとこれだけしか使えない)と意識しながら使うようになるので、無駄な買い物はせずに、予算をオーバーすることはなくなりました。

この方法は、使う費用ごとの支出は月によって変動しますが、費用ごとに細かく入力する手間がいらないので、ズボラさんな私にはとても良かったので、おすすめの方法です。

あまり細かく管理するのは面倒だし、「ランチ代がない!」なんてことが無くなりました。笑

残高を常に意識しながら家計管理ができるので、月半ばで「今月はちょっと使いすぎだな~。」なんて感じたら、後半は引き締めるなど、調整ができるのがいいんですよね。

なんとなくではなく、ちゃんと見える、わかることが節約には必要なことなんですよね。

 

私がおススメの家計簿アプリ!

 

家計簿 マネーフォワード ME 無料で人気の家計簿アプリ

家計簿 マネーフォワード ME 無料で人気の家計簿アプリ
無料
posted withアプリーチ

家計簿レシーピ!レシート撮影・読み取りで簡単にお金を節約

家計簿レシーピ!レシート撮影・読み取りで簡単にお金を節約
無料
posted withアプリーチ

家計簿アプリの記事はこちら

 

私が実践している節約方法とは?

私の節約の基本は、普段の食費などの変動費でなく、固定費の見直しです。

固定費の節約は、一番効果が出やすいですし、継続するのも以外に楽なので、節約を目指す人には必ず見直してもらいたいです!

 

インターネット環境を見直しました。

それほど使わないので、自宅のインターネットを解約し、同時に、夫婦そろって格安スマホに乗り換えました。

これで、年間10万円以上の節約ができました。

 

モバイルWi-Fi契約

GMOとくとくBB WiMAX2+月額2,170円(税抜)~

 

格安スマホ契約

  顧客満足度第1位!mineo(マイネオ)

 

自動車保険を見直しました。

実店舗で契約する自動車保険をネット保険に変更しました。

ネット割、早割を使うことによって保険料が大幅に引き下げることができました。

 

自動車保険見積

 最短5分、最大20社!自動車保険一括見積もりサービス

 

固定費、特に保険料の見直しは、とても効果がありました。

 

夫婦の小遣いを見直しました。

あまり無理にキツキツにすると、夫の協力が得られなくなるので、お互いよく話し合って、納得できる額に削減しました。

お小遣いはとても少ないですが、自由に買いたいものは買えるような環境にしました。

やったことは電子マネー5,000円と現金は5,000円程度、月1万位で十分です。

大体、男の人は缶ジュースなど、食べたり飲んだりで消費しちゃいますし、持っていれば持ってる分だけ使っちゃいますから。

その代わり、欲しいものがあれば相談の上、買うことにしています。

私の方も化粧品代、洋服も家計から出すようにしたことで、衝動買いが劇的に少なくなりました。

どうしても給料日前まで、頑張って、余裕がある時に買うようになりました。

あまり切り詰めて、食事が貧そうになって、自分の化粧品や洋服が豪華になってしまうのもマズイので、この辺のバランスだけが難しい。笑

 

食費や日用品費も見直しました。

変動費の中で大きく占める食費や日用品費については、まず無駄買いをしないようにしました。

買い物前に、冷蔵庫を必ずチェックし、必要なものしか買わない。

セールの品はうまく活用するようにしました。

日用品費は、実店舗でもネットでもポイントをうまく利用します。

本当にポイ活で支払額0円となることもあるので、うれしいですね。

洋服も、持っているものの把握から始めました。

同じような洋服があるのに、買うことが減りました。

 

変動費節約はきちんと把握することから

変動費の節約のキモは、持っているものをきちんと把握することです。

無駄に買うことが減ります。

それだけでずいぶんの節約になります。

今までの私の節約術を読まれていかがでしたか?

はっきりお伝えしたいのは、節約ばかりしているわけじゃないということです。

お金の使い方はメリハリです。

普段は、支出を抑えることによって、頑張っているからこそ、レジャーにはお金を使います。

というか、節約のおかげで使えます。

でも、節約はおろそかにせず、出来るだけ安く泊まれる宿泊施設などを選んでいますし、ポイ活しています。笑

家族で楽しめることがあるからこそ、節約にも頑張れるんですよ。

 

私の支出の基本ポリシー

何度も書いていますが、持っているものを把握し、無駄買いをしないことです。

必要なものにはお金を使いますが、必要ないものにはお金を使いません。

また、安いからといって、必要以上のものは買いません。

必要なものを必要な時に必要な分だけ買います。

 

手取り額マイナス10万円の「つもり暮らし」は柔軟に!

手取り額から最初に10万円を取り分けて、残り額が手取り額と思って生活する暮らしにも慣れました。笑

この生活を続けていると、相乗効果で、家から無駄なものであふれるということがなくなりました。

ものが少ない整った暮らしは、掃除も整理も楽に過ごせます。

 

手取りマイナス10万と考える節約術まとめ

私なりの節約術をまとめました。

みなさん、それぞれに共感できること、できないこと、できること、できないことがあるかと思います。

最初から頑張って全てこなそうとすることは無理だと思いますが、少しでもあなたの節約生活の一助になれば幸いです。

 

コメント