家族の食費を月3万円以下に節約する方法

だれでも、節約を始めようと思ったら、食費から手を付けることが多いと思います。

たしかに、食費の節約は、手っ取り早いです。

だからといって、安物ばかり、値引きシールのものばかり、同じメニューばかりだと旦那さんからもお子さんからも不満があがるでしょう。笑

それだけでなく、育ち盛りのお子さんや旦那さんの健康を損ねてしまうことにもなりかねません。

そこで無理せず、家族からも不平不満の起きない食費節約の方法をご紹介しますね。

私はこれで5年以上、4人家族の食費を月3万円以下に抑えています!

 

1ヶ月の食費予算を決めましょう!

節約においては、予算を立てることが大切です。

1ヶ月にかかる食費の金額は家族の人数や年齢によって変わると思います。

我が家は、米、調味料なども含んだ額を1ヶ月3万円と設定しています。

1日1,000円、1週間で7,000円、残り2,000円計算で、月合計3万円になるようにしています。

財布には、基本的に1週間分の食費しか入れません。

1週間は、その財布の中身だけでやりくりするようにします。

このように今いくら持っているかがわかると、週前半にたくさん使ってしまうと週後半はきつくなりますが、その状況がわかることで、財布の中だけでなんとか乗り切ろうと考えられます。

1ヶ月分全てを財布に入れておくと、このような細かな計算ができずに使いすぎることがあるので、1週間分しか財布に入れないわけです。

残った分で、お菓子やジュースなどを買うこともできるので、あまり使いすぎるとお菓子などが買えなくなってしまうので、これを避けるためにも、頑張ってしまいます。笑

 

献立を立て、まとめ買い!

1日1,000円、1週間7,000円で、大体週2回買い物に行きます。

週明けの月曜日に木曜日までの4日分をまとめ買いします。

この時、頭の中に、おおよその献立を決めておきます。

例えば、キャベツを買うとしたら、そのキャベツを使いきるような献立を考えます。

 

そんな時、便利な家計簿アプリ

家計簿 レシーピ!

家計簿 レシーピ!
無料
posted withアプリーチ

 

 

 

いつもと違ったメニューを考えられれば、飽きないので参考にしています。

そのあと、金曜日にもう一度、週末のようの買い物に行きます。

お菓子も買わなきゃならないので。笑

基本的に、平日には外食しません。

週末のお出かけの時には外食することもありますが、外食する予定がある場合は、金曜日の買い物は調整しています。

 

在庫を確認すること、在庫一掃デーを設けること!

買い物前には必ず、冷蔵庫の中身をチェックします。

この習慣をつけると、「ないと思ったのにあった」という失敗がなくなります。

冷蔵庫はもちろんですが、調味料や乾物、缶詰など保管してあるものは常に見える状態にしておくなど、在庫を把握できるようにしておいた方がいいです。

そのためには、保管の仕方も少し工夫はしなければいけませんね。

とにかく、見やすく整理しておくことが大切です。

このように整理しても、献立を立てても、計画的に買い物をしていても、少しずつ食材が残ります。

それらを上手に使った在庫一掃デーを設けます。

ワンプレートなどで盛り付けを工夫すると、子どもたちはこっちの方を喜びます。

余り物の料理なんですけどね。笑

 

メインメニューの食材から買おう!

スーパーではどんな順番で買い物しますか?

一般的なスーパーの順番だと野菜コーナーからですよね。

私は、メインメニューになる肉・魚コーナーでメインディッシュになるものを決めてから、副菜、調味料、卵・牛乳などの順番で買っています。

メインが決まれば、自然と買うものが見えてきます。

我が家は1日1,000円1週間で7,000円なのでそこに収まるように優先順位の高いメインメニューの食材を買ってから、優先順位の低いものへ買い進めていきます。

面倒なようでも、これが一番無駄買いを防げます。

なぜなら、あらかじめメニューを決めていますが、もし考えていたメニュー用のメイン食材のお肉が高ければ、フレキシブルに対応しやすいからです。

思うようにいかないことをストレスと感じるか、ゲーム感覚で楽しんで、予算内に収めることができたら「やったぁ!」と思うのか、これだけでもずいぶん節約生活が違ってきます。

節約をストレスに感じると、節約生活は長続きしませんので、できるだけ楽しむ工夫をしましょうね!

 

食材を無駄なく使い切っていますか?

スーパーでしっかりやりくりし、安く買った食材を腐らせて捨てたりなど、無駄にはしていませんか?

いくら安かったからといって大袋で買ったものを余らせたり、腐らせたりするのは本当に無駄です。

たとえ単価やグラムで計算すると割高なようでも、家族の人数や必要に合った小袋やカットしたものを買う方がお得な場合もあります。

また、キャベツを1玉買ったときは、メニューを工夫していろいろに活用して使いきりましょう。

無理して食べるのも、健康にも良くありませんし、できれば作り置きおかずなどを取り入れて、味付けやメニューを工夫すれば無駄にせずに済みます。

色んな予定などもあって、どうしても使いきれない場合もあるかとは思います。

そんな時はキャベツ1玉買うより、カット野菜などの方がお得な場合もありますよ。

 

ストックを持ちすぎない!

パスタや乾物類、調味料などが安くなっていると、家にあるのについ買ってしまうという方が多いと思います。

「いつもなら298円のサラダオイルが198円なら、並んでも2本買っておこう、腐るものではないから」といって買いたくなっちゃいます。

その気持ち、すごくわかります。

以前の私がそうでしたから。

腐るものではないし!」実はこのフレーズは要注意です。

腐らないとしても、賞味期限がありますし、ストックでパントリーがサラダオイルだらけなんてことになりかねません。

必要以上のストックは持たないことが大切です。

「2本まとめて、3個以上なら○○円!」

今でも気にはなっちゃうんですけどね。笑

 

家族の食費を月3万円以下に節約まとめ

食費の節約のために、私が実践していることをまとめました。

食べることはだれにとっても楽しみです。

節約を前面に押し立てて、味気ないものにしないよう、工夫すると楽しいですし、家族の協力も得られますよ!

今はもっと料理が上手くなりたいです。

そして、レシピももっと増やしたいですね!

 

コメント