生活費の節約を始める前に必ず考えておくべきこと

毎日忙しく生活していると、真剣に今使えるお金のことや貯蓄のことなんて考える暇もなく、貯金をするのは難しいですね。

でも、すぐに子供たちは大きくなるし、教育費はもっとかかるだろうし、いつまでも賃貸に住んでいるのも不安になります。

そして今乗っている車だって、いつかどこかで買い替得なければならない時はくると思います。

そんな将来のため、貯金をしておかなければならないでしょう。

そんなこと、言われなくてもわかってる!と、思っても、なかなかできないのが貯金です。

わかります。わかります、その気持ち・・・。

私も節約生活を始める前まではそうでした。

ここでは、年収400万円台でも5年で500万円の貯金に成功した私が、実践した生活費節約の方法をご紹介しています。

でも、いきなりその方法を実践する前に、してほしい準備がありますので、それをご紹介しましょう。

 

ガス・電気の自由化でお得に!

ガスと電気が自由化されたことはご存知だと思います。

わたしたちが、お得なガス・電気会社を選べるようになったということですね。

例えば、電気代を年間128,610円、ガス代を年間119,410円払っていた家庭が、電力会社、ガス会社を見直し、電気とガスのセット割を利用すると、年間10,730円も節約できるということです。

1ヶ月あたり900円弱の節約になります。

さらに、インターネット接続料や携帯電話代などをセットにすると、さらに節約することもできますので、今お使いの環境にいろいろ試算してお得になるものを見つけるといいでしょう。

 

 電気代節約!楽天でんきなら基本料金0円!

 

さらに、楽天のサービスにはインターネット接続、携帯電話など、様々なサービスがあり使った分だけポイントがたまります。

ご自分が利用するサービスを、いろいろ試算してお得になるものを見つけるのがいいと思います。

 

 楽天のインターネット接続サービス(Rakuten光)

 

楽天のスマホ(Rakuten Mobile)

 

通信費を見直そう!

毎月のスマホの費用って結構高くないですか?バカになりませんよね?

大手3社(ドコモ、au、ソフトバンク)は2017年に料金を改定し、ずいぶんお安くなりました。

実際、auユーザーだった私は、その時、月額2,000円弱安くなりました。

そして大手3社も今夏には、違約金の見直しをするなど、かなりの改善はされてきたと思います。

が、それでもまだお高い感じは否めません。汗

格安スマホもいろいろあります。

通信費を節約したいと思う方は、料金シミュレーションをやってみましょう。

ちなみに私は、auも解約し、mineo(マイネオ)に変えちゃいました。

その当時、楽天モバイルではauのスマホを使えなかったので、安くて、サポートも良いよ評判だった、mineo(マイネオ)にしたんですよね。

 

顧客満足度第1位!mineo(マイネオ)

 

実はすごく迷ったんです。

ずっと使い続けてきたauだったので、ezwebのメールアドレスも変わっちゃうし!

でもよくよく考えると、ezwebのメールアドレスって、ほとんど使ってなかったんですよね。

安心安全メールだけ?(居住の地域メールです。笑)

メールはほとんどgmail、連絡はLINEだし、電話番号は変わらないわけだし、節約の為なら問題ない!

格安スマホ会社への乗り換えはマスト!の記事もご参考に

 

食費は節約できる!

食費の節約といえば、チラシの特売商品や見切り品を買うことだと思っていませんか?

確かにある程度の効果は見込めますが、いつもよりも安いから!と言って、必要のないものを買ったりしていては、節約することはできませんよ。

大切なことは、買った食品を使いきることです。

腐らしたりして捨てるのは本当に無駄です。

買い物前には冷蔵庫チェック、週1、在庫一掃メニューを考えるなどは、かなり食費節約に効果的ですので、是非試してくださいね。

 

銀行口座の手数料もチェック!

銀行の自分の口座からお金を引き出す場合、時間外や休日、あるいはコンビニのATMの場合、手数料がかかりますよね?

自分のお金を引き出したり、入金したりするのにですよ!?

まぁ、ちゃんと平日にに入出金すれば、いいのかもしれませんが、忙しくしている忘れることもあります。

いくら、108円、216円と1回あたりに金額が低くても、「チリツモ」です。

本当に、まったく無駄な出費ですよね。

このATM手数料を減らす裏ワザあります!

実店舗がないネット専業の銀行は、ATM手数料が無料、または低く抑えられています。

振込手数用も、取引実績に応じて月1~数回無料になる場合もあります。

 

ATM手数料0円!楽天銀行

 

ガソリン代を安くする方法

最近、ガソリン代は高止まりになっていて、月々のガソリン代が生活費を圧迫しています。

少しでもガソリン代を安くしたいと思うのは、みんな同じです。

どうにか安くする方法はないでしょうか?

あります!石油会社系のクレカを使うとお得です。

例えば、ENEOSカードであれば、ENEOS系列のガソリンスタンドで給油すると、現金払いより1ℓあたり2円も安くなります。(使えば年会費が基本的に無料になるカード)

※上記以外のカードは年会費が1250円かかるので、たくさんガソリンを入れる(月に70ℓ以上の人)以外は対象にはならないと思います。

 

ずっと2円/L引き!エネオスカード

 

通勤などで、ガソリンを使う人は、いつもよく使うガソリンスタンドに合わせたカードを作るといいですよ。

楽天カードは、ENEOSでのガソリン給油で楽天スーパーポイントが2倍になる特典があります。

実は私もENEOSカードを使っていたのですが、ポイント集約するためにも楽天カードに変えちゃいました。

そして若干ですが、楽天のポイントが2倍と還元率が良かったのです。

 

年会費永年無料の楽天カード

 

しかし、現在は1.5倍となっており、ENEOSカードと同等位かな?と、思います。

例えば、計算しやすいように、ガソリンを1リットル130円で10ℓ給したと考えて計算すると、ENEOSカードであれば1300円で20円引き、楽天カードであれば19.5円引き。

ガソリンが高くなれば楽天カードが得で、安くなればENEOSカードがお得なんですよね。

あと、ENEOSカードを作るメリットは、ロードサービスとかレンタカー優待とか・・・。

ちょっとメリットを感じないんですよねぇ。笑

 

生命保険は要チェック!

あなたは、月々生命保険料をいくら払っているか把握できていますか?

生保レディなど保険屋さんにすすめられるがまま、生命保険に入って以来、1回も見直していないという方が多いかもしれません。

「子供が小さい間は、万が一のため生命保険は必要」という考えは、正しい反面、すべてを生命保険だけに頼る必要もありません。

公的年金(遺族基礎年金、遺族厚生年金)や会社の死亡退職金、住宅ローンを組んでいて団体信用生命保険に加入している場合は、住宅ローンに支払いは不要になります。

こういうものを考え合わせて、保険の見直しをしてみると、月々の支払いがすごく安くなることもあります。

 

何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

 

保険の無料相談は、ぜひ、一度は受けてみるといいです。

私も最初は、「変に勧誘されるんじゃないかな?」なんて思っていたんですが、アドバイザーという立場で、どこの保険会社にも属していないので、必要ない保険まで教えてくれます。

「このガン保険いりませんよ?だって、こっちの生命保険でほとんどカバーしてるので!」

マジか!みたいな。笑

 

電子マネー利用は、お得!

最近、ネット上やSNSで盛り上がっている「ポイ活」、聞いたことありますよね?

買い物することによって、効率よくポイントを貯め、そのポイントを支払い時に使うというもので、支払額0円なんてことにもなります。

「nanaco」「WAON」「楽天Edy」「Tマネー」などを貯めている人が多いです。

ポイント〇倍デーなどを利用して、効率よくポイントを貯めれば、支払額0円も夢ではありません!

さらに、クレジットカードで電子マネーをチャージすると、クレジットカードにもポイントが付き、ダブルでお得です。

ポイ活上級者はみんなやってますよ!

例えば、楽天カードの場合、電子マネーに200円チャージすると楽天スーパーポイントが1ポイント、つまり10,000円のチャージで50ポイントたまります。

nanacoなら、セブンカードプラスで200円ごとのチャージで1ポイント付きます。

ちなみに、旦那さんがサラリーマンで電車通勤であれば、Suicaを使ってるケースも多いと思います。

Suicaを使っているなら、ビューカードに変更し、オートチャージで1,000円ごとにJRE POINTがなんと15ポイントも付くんです。

定期の購入でも付くんです!

これは通常の3倍です!

これは見逃せません!

会社の定期代でポイントゲット!笑

電子マネーチャージでポイントが付くクレカは、決められたカードだけですので、よくチェックしましょうね!

 

子どもの習い事を厳選し、将来の教育費に備えよう!

今や、子供一人当たりの幼稚園から大学までの教育費は、すべて公立で746万円、すべて私立(文系・自宅通学)で2,070万円かかります。

医歯薬系ならさらに大変ですので、将来の教育費のために備えることは、とても大切です。

しかし、小さなころから習い事やスポーツ、塾などに行かせると、当然の事ながら、費用がかかります。

そして、掛け持ちとなればなおさらです。

本当に子どもの将来のことを考えるのであれば、習い事は厳選しましょう。

自分が習わせたい、隣の子がやっているから、誘われてなどの誘惑には負けないで下さい。

本当に子どもが喜んで行っているものならいいと思います。

さらに、公共機関がやっているものなら、費用を安く抑えられます。

英会話や音楽の場合、オンラインスクールを選ぶのも一つの節約方法ですが、こちらで面倒をみなければならない場合もあるので、それなりに大変です。

ちなみに私の場合、子供にピアノを習わせたのですが、レッスン料は驚きの2,000円ですよ!

(家にピアノも無いのにやりたい!と言い出し始めたが、いつまで続くかわからない。笑)

通常個人でも5,000円、大手の教室なら10,000円といったところでしょうか?

まぁ、これは運が良かったのですが、地域の広報誌とかも要チェックです!

 

助成金を大いに活用しよう!

国、地方自治体、健保では、さまざまな助成金、補助金を用意して、私たちの暮らしをサポートしています。

そしてそれらは、申請してはじめて利用できますので、申請しないと、利用できません。

知っているのと、知らないのとでは雲泥の差です。

知らないことで、損をしているのです!

ちなみに妊娠、出産、子育てん時期って、すごくお金がかかりますよね。

妊娠・出産・子育てに関する助成金をまとめましたので、参考にしてみて下さいね。

 

児童手当

児童手当、子ども手当は、0歳~中学校卒業までの子どもに支給されます。

1人あたりの支給額は以下の通りです。

3歳未満:月額15,000円

3歳以上小学校卒業まで:第1子、第2子は月額10,000円、第3子以降は月額15,000円

中学生:月額10,000円

児童手当を受け取るためには所得制限があり、限度額以上の家庭の場合は、1人につき月額5,000円になります。

 

子ども医療費助成制度

0歳~小学校卒業、または中学校卒業の年度末までの医療費が助成されます。

ただし、自治体によって期間や額が異なりますから、お住まいの自治体に確認しましょう。

申請すると、「乳幼児医療症」「子ども医療証」が交付されるので、保険証と一緒に医療機関の窓口に提出すると、自己負担分の一部、または全部を支払う必要がなくなります。

これも、所得制限があります。

ちなみに、相模原の小児医療費助成は中学校卒業までOKです。

 

妊娠健康診査助成

妊娠がわかり、市区町村に妊娠届を出すと、母子健康手帳と一緒に「妊娠健康診査(妊婦健診)受診票」がもらえます。

これで、14回分の妊婦健診に必要な費用の一部が助成されます。

医療機関の窓口では、実際の費用から助成金を差し引いた金額だけを支払います。

 

出産育児一時金

出産したら、加入している健康保険組合から、子ども1人につき420,000円支給されます。

妊娠4ヶ月以降の人工中絶手術、流産、死産の場合も支給されます。

 

家計簿を活用して、家計の収支をチェックしよう!

月々の収入と支出、はっきり把握できていますか?

もちろん、収入額はわかっていると思いますが、支出額はどんぶり勘定になっていませんか?

それでは、家計の無駄をなくすことはできないと思います。

家計の無駄をなくすためには、家計のお金の流れをつかむことが大切です。

そのためには、家計簿をつけましょう!

きっちり記帳して1円単位まで合わせる必要はありません。

費目ごとにノートに書きだすだけでもOKです。

スマホの家計簿アプリなら、レシートの写真を撮るだけでいいものもあります。

家計簿アプリの記事

とにかく収入と支出のバランスをチェックできるようにしましょう。

多すぎる支出は何か?を見直すことが家計管理の基本ですからね。

 

節約を始める前に考えておくことのまとめ

いかがでしたか?

ここにあげた項目を一つ一つチェックしてみてください。

きっとあなたの節約に大いに役立つはずです。

大きなゴールのためには、小さな積み重ねと継続が大切です。

「ローマは一日にして成らず」1歩1歩進んでいきましょうね。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事