手取り20万でも年間100万貯金する方法

「1年間に100万円は貯金はしたいけど、手取りが20万円だからムリかも」とあきらめてはいませんか?

手取りが20万円でも、節約して年間に100万円貯金する方法はありますよ。

ということで今回は、手取り20万でも年間100万貯金する方法をまとめてみました。

買うモノにメリハリをつけてお金を貯める

化粧品、コスメ類とかって、なんだかんだで、けっこうお金がかかりますよね?

化粧品、コスメ類を節約するとけっこう節約できます。

なんでもかんでも高級なものやブランド品などを使うのではなく、たとえば、肌に必要不可欠なスキンケアのみいいものを買うようにする。

メイクするにも、やっぱりスキンケアがしっかりできていれば、ノリも良くなるので意外と安くても何とかなります。

最近のダイソー、セリアの100均コスメ。

侮れないんです。

特にダイソーのユーアーグラムはプチプラなのに、クオリティがハンパ無いです。笑

URGLAM(ユーアーグラム)
https://urglammakeup.com/

スキンケアはちょっと高級品、化粧品は100均でリーズナブルにしても、誰も気が付きませんよ。笑

このような考えは化粧品やコスメだけでなくファッションでも同じことが言えます。

1点豪華主義で、それ以外は節約。

これなら楽しくお金を節約でき、貯金もできるので、途中でイヤになることが無いですよ。

ちゃんと貯金ができている人って、見栄を張らない人が多いから、必要なモノと欲しいモノを見極めて、我慢しないことも大切ですね。

もちろん衝動買いはNGですので、欲しいと思ってスグに買わずに1日しっかり考える余裕を持ちましょうね。

店員さんの本日限り、明日には無くなるかも・・・、みたいな誘惑に負けないようにしましょうね。笑

クレジットカード支払い専用の口座を持つ

最近はキャッシュレス化の波もあり、クレジットカードによる決済も増えつつありますよね?

でも、クレジット決済って簡単に支払いできたり、ポイント還元の利点もありますが、ついつい使いすぎてしまうという欠点もありますよね?

そこで、わたしがおすすめする方法は、クレジットカード支払い専用の口座を持つことをおススメします。

そうすれば、クレジットカードの使い過ぎを防止することができます。

最近ではデビットカードというものがあり、クレジットとしての決済機能が使えますので、購入の際の振込手数料などを支払う必要が無くなりますので、節約になります。

そして、デビットカードの利点は即時払いで、支払いの度に登録口座から引き落とされますので、必要以上に使いすぎる心配は無いかと思います。

ただし、分割やリボの機能は無いのは欠点ですが、これも使い過ぎといった点から考えれば欠点とは言えませんよね?笑

楽天銀行のデビットカード(Visa・JCB)

家計費を管理している銀行とは別に、クレジット機能が使えるデビットカードが使える銀行にしておくと便利ですよ。

貯金用の口座に毎月先取り貯金

給与が振り込まれる口座から、給料日に自分が決めた金額(例えば5万円とか)をおろします。

おろした金額をそのまま、貯金用として作った口座そのお金を入れてしまいます。

給料の中から決まった金額を先取り貯金してしまいましょう。

これを毎月行うことで必ず貯金はできます。

当たり前なんですけどね。

残った金額を貯金するのではなく、貯金に移した残ったお金でやりくりすることが大切ということです。

もし、意思が弱く、貯金用の口座も使ってしまうようであれば、銀行の自動積立を利用するのもいいかもしれません。

ただ実際のところ、大手銀行で普通預金なら金利は0.001%、積立をしても金利は0.01%。

これって、100万を1年間預けておいても、普通預金なら10円、積立でも100円しか利息が付かないということ。

今の時代、積立預金にしても大した金利ではないので増えることはあまりないですよね。

 楽天銀行

楽天銀行であれば、最大金利が0.15%なので、100万を1年間預けておくと、1500円になる計算です。

同じように預けておくだけなら、ネット銀行がお得ですね。

家計簿アプリなどを利用して支出が多いものを把握する

節約し、貯金を始めるなら、必ずと言っていいほど家計簿は大切です。

家計簿をつけることで、細かい支出などが減っていきますし、目に見えて管理できるので、お金は貯まりやすくなります。

家計簿をつけていると使いすぎているモノがわかってきます。

たとえば、「日用品の支出が多いな」とわかれば、支出の多いものを節約するようになるからです。

かと言って、家計簿をつけるのが面倒くさい!という人は、家計簿アプリを利用してみてください。

手で書く必要もないし、計算する必要もない!

レシートをスマホで読み取れるだけでOK!

家計簿アプリを利用して毎月の出費をチェックしてみたら、必要な出費と不必要な出費などが明確になりますよ。

家計簿をつけよう!に使える家計簿アプリを紹介していますのでご覧下さいね!

からだのメンテナンスなどは工夫して支出を抑える

普段から家事や育児をしながらの節約って頭もからだも疲れますよね。

たまには自分へのご褒美としてマッサージやサロンなどに行く人もいるけど、このような出費が多くなると貯金をするのは難しくなるので要注意して下さい。

たしかに疲れたからだを癒してほしい気持ちはわかりますが、工夫次第で回数を減らすことはできますよ。

例えば、知り合いのママ友は、マッサージに行くのをやめてジョギングに変えたら、パソコンでの仕事から生じていた肩凝りが改善し、マッサージで月に約2万円かかっていたみたいですが、月1回で5000円で済むようになったそうです。

また、知り合いから使わなくなったヨガのDVDを見ながら家でヨガをして、マッサージに行く回数が減ったなんて人もいましたね。

節約だ、貯金だと我慢ばかりしていたら、ストレスが溜まってしまいます。

マッサージ行くのが悪いわけではありません。

ちょっとした工夫で回数を減らすことはできるわけです。

なので、簡単にできるメンテナンス法を見つけて、楽しみながらストレスをためないように工夫をしてみましょう。

手取り20万でも年間100万貯金する方法のまとめ

手取り20万でも年間100万貯金する方法についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

何か自分にあてはまることや気づいたことはあったでしょうか?

無理に頑張る必要はありません。

できそうなものから始めて、継続することを心掛け、年間100万の貯金をぜひ達成してましょう!

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事