断捨離実行!節約するための不用品処分方法。

断捨離って不要な物を断ち、捨てることで、執着から離れることで、単なる片付けや整理整頓ではない言葉かもしれません。

ただ、節約するにあたり、整理整頓するにあたり、要らないものは徹底的に捨てました。

また、必要の無い契約やサービスを断ちました。

今後、無駄遣いはしないことで「プチ断捨離」は継続されています。笑

人が生活をしていると、どうしても物があふれます。

断捨離をするにあたり、不要な物を減らし、不用品を処分しようと思いますが、どこに頼めばいいのか、いくらぐらいかかるのか、わからず途方に暮れてしまいました。

そこで節約の為、無駄にならない、できるだけお得な不用品の処分方法、業者や料金などの参考をご紹介します。

不用品をゴミとして、お金を払って捨てるなんてもったいないです!

あなたにでも、できる処分する方法が見つかればいいですね。

 

不用品を処分する7つの方法

長年生活していると、さまざまな種類の不用品が出ます。

いくつかの処分方法の中で、ベストな方法は、「不用品をお金に換金する」ことです。

自分にとっては不要で、ごみ同然でも、実は、欲しい人がいて、売却してお金に換金できるものはたくさんあります。

不用品を普通に捨てていたらお金がかかりますから、不用品を処分できてお金までいただけたら、一石二鳥ですよね。

ここでは、不用品を処分する方法だけでなく、業者に依頼した場合にかかる費用や売って得られるだいたいのお金もご紹介しますので参考になさってください。

 

不用品を売る

1.フリマアプリを通して売る

2.不用品買取専門店に売る

3.リサイクルショップで売る

 

無料で引き渡す

4.友人、知人に譲ったり、いろんな団体に寄付したりする

 

処分料を払い、処分してもらう

5.自治体の粗大ごみ回収に出す

6.引越し時に、引越し業者に頼む

7.回収業者に依頼する

 

引越しの際に処分される物の処分費用の相場

処分されることが多い品目の、自治体、回収業者による処分費用のおよその相場は以下のとおりです。

 

ベッド

自治体での処分費用目安/1,000円~1,800円

回収業者での処分費用目安/3,675円~5,250円

 

タンス

自治体での処分費用目安/300円~2,500円

回収業者での処分費用目安/3,000円~

 

ソファー

自治体での処分費用目安1,800円

回収業者での処分費用目安/2,000円~

 

テーブル

自治体での処分費用目安/300円~1,000円

回収業者での処分費用目安/3,150円~7,350円

 

冷蔵庫

自治体での処分費用目安/3,400円~5,590円

回収業者での処分費用目安/4,200円~10,500円

 

洗濯機

自治体での処分費用目安/2,300円~2,400円

回収業者での処分費用目安/3,675円~5,775円

 

テレビ

自治体での処分費用目安/1,700円~3,048円

回収業者での処分費用目安/3,150円~7,875円

 

エアコン

自治体での処分費用目安/1,300円~9,000円

回収業者での処分費用目安/3,150円~5,775円

 

不用品を処分すると自治体であれ、業者であれ相当な金額がかかります。

逆に、もし売れるのなら、そのプラスマイナスの差は大きいですよね。

 

不用品を売ってお金に換える、あげる

1.フリマアプリを通して売る

不用品を売って、お金に変える方法として、最近利用者が急増しているのが、フリマアプリです。

フリマアプリの最大のメリットは、あなた自身が売る価格を決められる点です。

これなら納得できますよね。

ただし、デメリットとしては、商品1点ずつの写真を撮り、説明文を書き、発送する手間がかかる点です。

送料は買った人が払ってくれますから、手間を惜しまなければ、いい方法です。

 

 メルカリ

 

2.不用品買取専門店に売る

オンラインで買取サービスを専門にする買取専門店が全国にあります。

持ち込むのではなく、ネットから無料査定の予約ができますから予約の日時を引越し当日に合わせることもできます。

「簡単に処分したい。でも、ある程度買取価格も期待したい」という方には、おすすめです。

 

リコマース宅配買取サービス

 

3.リサイクルショップに売る

町のあちこちにリサイクルショップがありますね。

そちらに持ち込む方が多いと思います。

どんな商品でも一括りで売れるので、引越しまで時間がなくて手早く処分したい人には向いています。

少しでもいい値段が付くように、洋服などでは埃を払ったりアイロンをかけたりするといいですよ。

持ち込みの他に、宅配買取、出張買取というサービスをしているところもあります。

 

お引越しで整理したいモノの買取専門/バイセル

 

4.友人、知人に譲ったり、いろんな団体に寄付したりする

友人、知人に声をかけて、欲しい人に差し上げるという方法は、昔から行われています。

今は、さまざまな団体が、不用品の寄付を求めています。自分が不要のものでも、他の人の役に立つのならうれしいですし、社会貢献になります。

このような団体を支援するサービスもあります。

 

不用品をお金を払って処分する

5.自治体の粗大ごみ回収に出す

あなたがお住まいの自治体の粗大ごみ回収に出す方法です。

粗大ごみ回収は基本的に有料です。

この方法は、住んでいる自治体によってルールが異なりますから、自治体に問い合わせをするか、HPで確認しましょう。

私が居住している相模原市ではこんな感じです。

 

相模原市の家庭ごみ分別/粗大ごみ一覧

 

家電リサイクル法対象のもの(テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機など)、パソコン、バッテリーやタイヤ、ガソリンなどは引き取ってもらえません。

決められた方法で適切に処分しなければなりません。

 

一般財団法人 家電製品協会 家電リサイクル券センター

対象廃棄物(家電4品目)一覧

再商品化等料金一覧(家電リサイクル料金)

大手メーカーのリサイクル料金の目安は以下

エアコン 972円
テレビ(15型以下) 1,836円
テレビ(16型以上) 2,916円
冷蔵庫(170L以下) 3,672円
冷蔵庫(171L以上) 4,644円
洗濯機 2,484円

結構かかりますよね。

 

粗大ごみを出す方法、回収の流れ
  1. 自分が出そうと思っているものが、粗大ごみに該当するか確認しよう。
  2. 自治体の粗大ごみ受付センターに回収以来の電話、またはメールをし、回収日、回収場所を決定する。
  3. 有料粗大ごみ処理券(名称は自治体によって異なる)を購入(コンビニなどで販売)、粗大ごみに貼付しよう。
  4. 回収日に指定の場所に出しましょう。

自治体回収の場合、重さや大きさに関わらず、自宅までは回収に来てくれません。

回収場所まで出さなければなりません。

盗難を防ぐためにも、回収日の朝に出しましょう。

 

6.引越し時に、引越し業者に頼む

引越しを依頼する業者が、不用品引き取りサービスをしていることもあり、頼めば、引越しと同時に片付きます。

不用品引き取りサービスのみの依頼もできます。

各社のサービスをチェックするといいですね。

 

一括見積はコチラをクリック

 

7.回収業者に依頼する

自宅まで不用品を引き取りに来てくれます。

自治体のように回収場所まで出す必要がない点がメリットです。

日程の都合も融通が利きます。

 

料金相場は必ず確認しましょう。

回収業者に依頼する場合、出張費、車両費が含まれる基本料金、処理費用、別途かかる費用など、業者によって設定がさまざまです。

基本料金の相場の平均は、3,000~5,000円ぐらいでしょう。

依頼する前に、トラブルを避けるために、かかる費用を確認しておきましょう。

 

  業界最安値水準!不用品回収なら【オールサポート】

 

悪徳業者に注意!

なかには、悪質業者がいます!

チラシをポスティングしたり、車で「不用品回収」と言いながら回ったりして、依頼すると高額な金額を請求する業者がいます。

くれぐれも用心してください。

 

節約するための不用品処分方法まとめ

引越し時の不用品の処分方法を7つに分けてご説明しました。

それぞれにメリット・デメリットがあります。

条件を比較、検討し、あなたに合った方法で処分することが大切です。

そのためにも、時間にも余裕をもって取り掛かることも大事です。

 

コメント