お金がかかる、30代、40代の貯金事情

家計的にもお金がかかる30代、40代の貯金事情って、どのような感じなのか気になることありませんか?

わたしは他の人達が「どれくらいの貯金があるのかな?」とか「毎月の給料をどれくらい貯金しているのかな?」など、知りたくなってしまいます。

自分はちゃんと貯金できているのか?なんて、あまり比較しても、仕方がないのはわかってるんですけどね。

また、毎月の支出もどれくらいが平均的なのか気になってしまいます。

人それぞれ、必要な金額も違うのですが、やっぱり気になってしまいます。笑

ということで今回は、たぶん一番お金がかかる時期である30代、40代の貯金事情についてまとめてみることにしましたので、興味がある人はぜひチェックしてみてくださいね!

30代、40代の貯金に関する調査の結果

SMBCコンシューマーファイナンスによる2019年に行われた「30代・40代の金銭感覚についての意識調査2019」にて、なんと貯金を全くしていない人(貯金が0円)が23.1%という調査結果が出ています。

また、1万円から50万円の人は24.6%となっていて、なんと50%近く約半数の人が50万以下の貯金であることがわかります。

引用:SMBCコンシューマーファイナンス

30代・40代の金銭感覚についての意識調査2019 (←調査の詳細はこちらから)

あなたの貯金額はどれくらいですか?

この結果を知って驚いた人もいれば、安心した人もいるかもしれませんね。

30代、40代の平均的な世帯では、ほとんどが貯金できていないということになりますね。

調査の中では「仕事をリタイアする年齢までに、どのくらいの貯蓄があれば安心か?」の回答に、500万超~1000万以下の回答が最も多かったようですが、平均額としては5214万円です。

1年で100万貯めても、50年もかかってしまいます。笑

5000万円必要かどうかはわかりませんが、老後に2000万円が足りないなどとも言われていますから、この実態はどうなのかとも思ってしまいます。

一気に収入が増えることなどは無いので、やはり節約し貯金を増やす方が、いいのでしょうね。

実際、政府の景気対策として自分たちに恩恵があるのかもわかりませんし、給料があがるわけでもありませんね。

反対に、「働き方改革」だとかで、残業も減り、残業代も減るので余計に家計は厳しいですよね。

30代、40代のうちに節約できる生活習慣が身についていれば、老後も節約生活が可能だと思います。

やはりお金はあるだけ使うのではなく、できるだけ貯金や投資にまわし、限られたお金でやりくりする節約術を身につけておきたいですね。

パーキンソンの法則で貯金がゼロ

パーキンソンの法則って知っていますか?

支出の額は、収入の額に達するまで膨張する

引用:ウィキペディア

ようはお金が手元にあると全部使用してしまう状態。

これが人の習性みたいなものでしょうか?

なので、貯金は毎月本人が「○○円貯金しよう!」と考えるのではなく、自動でおこなうほうがいいということです。

貯金用の口座に毎月先取り貯金

収入をスグに増やすのはムリでも、支出を減らすことで貯金はできるということです。

人って意思も弱いし、どうしても「まっいっか!」とかいって、甘えてしまいます。

あればあるだけ使いっちゃいます。

私だけですかね?笑

そうならないように、自動的に貯金ができていく方がいいということですね!

固定費を正確に把握してお金を貯めよう

自分のスマホの代金が月にいくらかかっているか知らない人って30代や40代にけっこういるそうです。

最近は定額制のサービスも増えたのに、知らないはずはありませんよね?

それでもやっぱり、「先月のスマホ代なんてわからない」となんていう人は、もし本当に貯金をしたいのであればちゃんと把握することが大切ですよ。

今の時代、30代、40代でスマホを持っていない人は少ないでしょう。

あるのが当たり前、毎日使っているもので、毎月自動で引き落とされていくので、あまり意識しなくなることも多いのかもしれません。

でも実際、自分のスマホの費用を把握することで、携帯会社で料金をちゃんと比較することができますね。

だからこそ、毎月代金を確認してコスト管理を意識することが大切です。

毎月どれくらいの費用を払っているか?

もし安くなったらどれくらい得をするのかを知ることです。

そうでもしなければ、お金がどんどん逃げていきますし、貯金するのは難しいですよ。

格安スマホ会社への乗り換えはマスト!

できれば、携帯代だけでなく水道代、光熱費、保険料などの固定費も確認することをおススメします。

固定費って、毎月銀行から自動引き落としやクレジットカード払いになっているので、気が付きにくいんですよね。

「まっいっか!」と、どんぶり勘定にならないようにしましょうね。

貯金を固定費とみなしてお金を貯める考え方

貯金ができている人は、貯金を固定費として考えて貯金している人が多いです。

固定費というのは、すでに無いもの、必ず払わなければならないものとして考えるということです。

先の記事の「貯金用の口座に毎月先取り貯金」と同じことですね。

ちなみに、最初から1000万円!とか、大きな目標ではなく、できそうな目標として、最初の貯金の目標は、給料手取りの1.5ヵ月分位を目安にするいいと思います。

例えば、手取りが30万円の場合は45万円が目標ってことですね。

最初から、ハードルを高く設定してしまうと、挫折してしまいます。

見えない目標より、見える目標のほうがいいってことです!

実際、給料の1.5ヵ月分、45万円もの貯金があれば、毎月の生活費はもちろん出費にも困ることがないと思います。

そして次の目標は、給料手取りの6ヵ月分くらいなどとして、少しづつハードルをあげていく。

もしくは、キリのいい100万円など、可能なちょっと高いハードルを設定しましょう。

これくらいの貯金ができるようになると、人は金銭感覚に自信がつきますし、節約と貯金のいい循環ができていくものです。

お金がかかる、30代、40代の貯金事情のまとめ

30代、40代の貯金事情についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしたか?

30代、40代って子育て年代でもありますし、付き合いの多い年代で、お金がかかる年代です。

実はこの年代の、貯金がゼロの人や貯金額がとても少ない人が多いということがわかりました。

貯金ができない理由はいろいろとあるようですが、必要以上にお金を使わないよう節約し、しっかりと貯金をするには意識的におこなう必要があります。

お金ってなければ使いませんし、あればあるだけ使ってしまいます。

大切なことは、出費などに意識的に向かい合って、お金を貯めるように心がけること、工夫が大切ですね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事