年間100万貯金する節約術

はじめまして!私は、30代の子供が2人いる主婦です。

消費税も増税されるは、年金も2000万足りないとかの報道があったり、今後、安心して生活するのが不安になるようなニュースばかりですよね?

そんな中、みなさんは日々の生活のやりくり、どうされていますか?

かなり大変ではありませんか?

よく主婦向け雑誌なんかで、「年収300万だけど○○円貯金した!」とか、「夫が転職したけど、貯金は続けています」なんて記事を読むと、「私も頑張らなくちゃ!」と思って、なんでもかんでも節約して、息切れして、リバウンドの繰り返し!

まるで、ダイエットと同じで、長く続けることができませんでした。笑

こんなダメダメなことを繰り返してきた私ですが、今や、わが家は、年収400万円台だけど、毎年コンスタントに100万円以上貯金できるようになりました。

何が変わったか知りたいですか?

このブログではその辺のことを、くわしく紹介したいと思います!

無理なダイエットが失敗するように、無理な節約は必ず失敗します(体験談!笑)。

無理な節約で失敗しない為ための実践方法を紹介しちゃいますね!

 

第1ステップ ~ここから始めました!

節約といえば、一番に先に手をつけるのがやっぱり食費ですかね?

まずは毎日ランチ代500円の夫に、お弁当とマイボトルのお茶を持っていってもらえるように協力を依頼しました。

毎日のランチ代500円の出費は大きいですからね!

ただ、やみくもにランチ代カット!してしまうと、不満の原因にもなりますので、二人の目標を作り、協力しあうことです。(たまにはご褒美も。笑)

ケンカになっては余計ストレスになってしまいますので。

私の方では最初のころは、「食べる量を減らす」とか「安い値引きシールの食品ばかり買う」なんてこともやってました。

でも、そうじゃなく、冷蔵庫の中身をチェックし、しっかり献立を作り、買ったものを無駄に腐らしたりしないこと、余計なものは買わない方が大切だということに気づいてからは、「安物買いの銭失い」はなくなりました。

 

第2ステップ ~次に始めたのは、家計管理!

家計簿をつけよう!

節約を思い立つといつも家計簿を付けようと決意するんですが、たいてい3日坊主になることが多い!

やっぱり節約するには、収入がどれぐらいで、どれぐらい使ったか、使うお金が収入に対して多すぎるのか、また多い場合は何が多すぎるのか、どうすればいいのを、ちゃんと知ることが家計管理のキモだと改めて思います。

でも、今までも続かなかったんですよね・・・。

なんでかと言うと入力とか、計算とか面倒くさいから!

最近では、とっても便利な家計簿アプリがあります。

今や、レシートを写真に撮るだけで管理できるような便利なアプリもありますし、中には、買った食材から、献立まで考えてくれるものまであるんです!

献立って考えるの以外に面倒ですよね。

それに自分のレパートリーにないような献立であれば、お弁当も夕食もバラエティになり、旦那さんも喜ぶこと間違いないです!

そんな多彩なスマホで簡単に使える無料の家計簿アプリを紹介しますね。

 

マネーフォワード

マネーフォワード
無料
posted withアプリーチ

 

また、セキュリティに関しても日本プライバシー認証機構の認定を受けているそうなので安心です。

 

家計簿 レシーピ!

家計簿 レシーピ!
無料
posted withアプリーチ

 

あの節約アドバイザーであり、「ホンマでっか!?TV」にも出演している和田由貴さんも推薦するアプリです。
今まではクラシルとかクックパッドとかメニューから探すことが多かったんですが、食材からレシピを提案してくれるって、自分に気が付かないメニューだったりして、献立考える時間が短縮されました。
また、家計簿をつけると、楽天Edy、nanaco、WAONなどのポイントがもらえるんですよ!
これは家計簿を継続するだけでポイントがたまるんので、つけない理由がなくなりますよね。笑上記以外にも家計簿アプリはたくさんあるので、あなたにあうアプリを探してみてはどうですか?

 

目標額を設定しよう!

1年で100万貯金しよう!と思い、「なんでもかんでも節約!」と節制しすぎても、どっかで息切れしてしまいますし、がまんしすぎると精神的にも辛くなります。

なのでまずは自分のゴールを設定しておくといいですよ。

まずは実際に必要な全支出額が把握できたら、それを月々の収入の20万円以内でやりくりすることとしました。

それで、月々の残りとボーナス、私の微々たる収入は貯金に回すと決め、おおよそのゴールが見えると、やりがいにもつながります。

ゴールは、あまり細かすぎる計画だったり、大きすぎる目標では途中しんどくなります。

例えば、「5年で〇〇円!」というような大ざっぱなものでいいと思います。

「そのためには、毎月、毎年、このぐらいは貯金しよう!」という具体的イメージがつかめれば十分です。

目標が決まれば、夫にも協力をお願いしやすくなりますし、自分の励みになります。

男の人は具体的な数字に弱いので、当サイトの情報をもとに話すと納得も早いかも!です。笑

 

買い物方法を見直そう!

ゴールを決めるまでは、冷蔵庫が満杯でも、買い物に行って特売だからといって、ストックするものの腐らせてしまったり、日曜日に目的もなくショッピングモールに行って、そのまま外食してしまったりと無計画でした。

まずは、買い物に行く前に、必ず冷蔵庫の中身をチェックします。

これだけでもずいぶん無駄な買い物が減るはずです。

また、スーパーごとの特売日に狙っていくのも、一つの方法です。

そしてお腹が空いた状態で買い物に行ってしまうと、目で食べたくなってしまい、余計なものを買ってしまうので、買い物前には必ずお腹が空いた状態で行かないことにしました。

お腹が空いた状態で「本日限定のスイーツ!」なんてものがあるとついつい・・・。

意思が弱く、スグにキャッチされちゃいます。笑

 

買うときに、ほんとに必要か考えよう!

特に食料品は、買い物に行く前の冷蔵庫チェックで無駄買いがずいぶん減りました。

また、衣類や肌着、タンスの中も見直しました。

食品、特に冷蔵庫の中は毎日見るものなので、早い段階で整理ができましたが、衣類、タンスの中は季節ものも多いので、以外に見落としがちです。

そして衣類って季節の変わり目には「バーゲン」「〇%OFF」などのセールもあり、来年ように買っておこう!とか、今度「幼稚園の行事」で着るから・・・など理由をつけて買ってました。

タンス、クローゼットの中は、すでにあるのに・・・です。汗

そうならないために、自分の持っている洋服の整理、把握するところから始めました。

その中には、タグが付いているものもたくさんありました。

買い物前に冷蔵庫をチェックするのと同じように、タンスやクローゼットを季節ごとに整理し、見やすくすることで必要にないものを買わないようにしました。

持っているものが把握できれば、「このタイプは持っているから、買わないでもOK」と見極められるようになるので、まずはタンスやクローゼットの中を整理しましょう!

 

第3ステップ ~さまざまな技を使おう!

固定費をチェック!

食費の節約より、固定費の節約の方が、実際は効果的なんです!

「面倒くさそう」と二の足を踏む人も多いかもしれませんが、意外に簡単ですし、効果抜群!

そのやり方を伝授しますね!

固定費削減の鉄板の法則

 

ポイ活、やってますか?

ポイ活って知ってますか?

ポイ活は、今やネットやSNS上で話題の、買い物でゲットできるポイントを上手に貯めて、使って、家計費の足しにする「ポイント活動、ポイント生活」のことです。

今や、SNS上では、「このサイトが還元率いい!」「あっちの方がすごくいい」と盛り上がっているんですよ。

ただ、気をつけてほしいのは、ポイントで稼ぐと考えると、稼ぐために買い物をしたりと、本末転倒になりがちです。

私は、利用しているポイントを無駄にしない、効率よく貯め、有効に使うおうと考えました。

ポイ活、意外に使えますよ。

ポイント利用で、0円支出が続くと、弾みが付きます。

ぜひ、やってみてくださいね。

 

人気の高還元率のポイントサイト【ハピタス】

 

私が利用しているサイトで、ショッピング、サービス、モニター、アンケートなどでポイントをゲットできます。

店舗モニターの中には、100%のポイント還元なんてものあって、美味しいフレンチを実質タダでいただける、ちょっとした贅沢することができちゃうんです。

その他にも様々なポイントサービスがあり、中には30万以上稼ぐ強者もいるとか!

登録も簡単ですし、お金もかからないので、ポイント生活始めてみてはいかがですか。笑

 

年間100万節約するまとめ

子ども2人、年収400万円台のどこにでもいる主婦が、節約にめざめ、生活をちょっと見直したら、なんと5年で500万円貯めることができました。

慣れるまで、少々の戸惑いはありましたが、全然むずかしいこと、ややこしいことはやっていません。

ここでは、そんな節約術やアイデアをご紹介しました。

本当にちょっとしたこと、簡単に始められるものばかりです。

年間100万円分の収入を得るためには、月に8万以上、時給1,000円のパートやアルバイトであれば1日4時間で20日働かなければなりません。

少しの我慢、少しの努力は必要かもしれません。

しかしちょっとしたアイデアで、これだけの時間とお金を無駄にしなくて済むんです。

当サイトが、少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

さぁ、一緒に節約生活はじめてみまんせんか?